1. HOME
  2. ブログ
  3. 話題のスパイスカレーが味わえる熊大・学園大周辺のカレー屋 5選

話題のスパイスカレーが味わえる熊大・学園大周辺のカレー屋 5選

みなさん、こんにちは!

最近、全国的に流行っている「スパイスカレー」。熊本でもスパイスカレーのお店が増えてきていますね。

スパイスカレーはインド由来の炒め料理で、スパイスそれぞれの香りを楽しめるのが魅力の一つです。

ところで、カレーって無性に食べたくなる時ありませんか?

「カレー食べたい!」「無性に食べたい!」となった時のために近くのカレー屋さんを押さえておくことは学生生活でも非常に重要な課題です!(笑)

ということで、今回は熊本大学、熊本学園大学周辺にあるインドカレー、スパイスカレーのお店5つを調査してきました。

どのお店のカレーもとってもスパイシー。そして、満足のいくカレーばかりですよ!

カレーを無性に食べたくなったら、この記事を参考にぜひお店に足を運んでみてください!

【注意】
■この情報は2021年10月現在のものです
■コロナ感染対策防止の為、営業時間・定休日を変更の場合あり ※事前予約・確認をおすすめします
■OSとは、オーダーストップの意

① インド食堂

熊本市中央区大江にあるインド料理レストラン。熊本市立図書館の向かい側にあるので分かりやすいです。

インド家庭料理が手軽な値段で味わえるお店です。

メニューには一般的な肉料理から、ベジタリアンにも安心な完全菜食料理もあります。

ランチメニュー。ベジタリアンとノンベジタリアンの2種類が用意されています。

今回はノンベジタリアン(850円)と、食後のドリンクでラッシー(150円)をいただきました。

ランチメニューは日替りになっていて、カレーのほかにスープなどの副菜、サラダ等の和え物、ライス、パパドと呼ばれる揚げせんべいがついてきます。

今回は鶏肉のカレーで、スパイスのバランスが良く、香りとコクのハーモニーが食欲をそそります。

ライスはインディカ米のサフランライスで、さらさらパラパラ感があるにも関わらずふっくらしっとり炊き上げてあります。

スープも少し酸味が効いていますが、カレーを合わせて食べると旨味とコクに酸味がプラスされてこれまた絶品!

パパドはそのまま食べてもいいですし、砕いてライスの上にふりかけのようにかけてもいただけます。

食後にいただいたラッシーは、後味すっきりで爽やかでした!

 

② 養生カレー

熊本市中央区南千反畑町にあるインドカレー屋さん。藤崎八幡宮参道近くにあります。

このお店では「ミールス」と呼ばれる、南インドでよく食べられる定食が味わえます。

メニューは、ベジタリアンとノンベジタリアンに加え、この両方が味わえる「SPECIAL PLATE」があります。

今回はSPECIAL PLATE(1,600円)をいただいてみました。

カレーの種類は右下から反時計回りに、日南どりチキンカレー、大根とインゲンのサンバル、ほうれん草ダル、大葉ラッサムの4種類。

カレー以外に、スパイスの入ったさつまいもとレンコンがついてきます。ライスの上には、インドの豆せんべい「パーパル」がのっています。

お米はタイ米のようなパラパラとした長粒米です。ちなみに、ライスはおかわり自由です。

日南どりチキンカレーは、それほど辛くはないですが、とてもスパイシーで、鶏肉の旨味とコクがあって深みのあるカレーでした。

大根とインゲンのサンバルは、カレーというよりスパイスを使った煮物に近い感覚かも。大根もインゲンにも味が染み込んでいておいしかった。

ほうれん草ダルはやさしい味わいの中にスパイスを感じられるカレーでした。こちらもおいしかった。

大葉ラッサムは、初めは「ん?味がすごく薄くて酸味がきついかな?」と思ったけど、他のカレーを食べ進めるごとにその酸味と味の薄さが口の中を整えてくれる存在へと変化していき、食べ終わるころには「納得!」と言ってしまいました。

それぞれのカレーを混ぜ合わせると、味の変化も楽しめます。

カレー一品を楽しむというより、色々なカレーの味と肉や野菜の旨味で奥深い味わいを楽しめるカレー定食だったなと感じました。

 

③ 修行カレー

熊本市中央区黒髪にあるスパイスカレー屋さん。済々黌高校のすぐ近くにあります。

最近流行のスパイスカレーが味わえます。

メニューは2種類のカレーが月替りで変わるそうです。そして、あいがけも。

今回はジンジャーポークキーマ(1,000円)と、あいがけ(1,200円)をいただいてみました。

キーマカレーは少しピリッとしていますが、ほどよいスパイス感もあります。
おそらくコリアンダーの割合が多いんじゃないかな?
パクチーとの相性が抜群です!
また生姜の存在も確かに感じられ、旨味、コク、苦味、渋みがバランスよく楽しめるカレーです。

あいがけのほうは、2つのカレーの色合いの違いがいいですね。

まずは一つずつ味わい、その後、混ぜていただきます。

どちらもそんなに辛くなく、様々なスパイスが融合し、複雑な味とスパイシーな香りが楽しめます。

  • 住所:熊本市中央区黒髪1-13-55
  • 電話番号:096-201-3680
  • 営業時間:[金~月]11:30~15:00(OS 14:30) 、18:00~カレー無くなり次第終了
  • 定休日:火曜日(九品寺のVoyagerにて営業)・水曜日
  • 席数:15席

 

④ タージ

熊本市中央区北千反畑にあるパキスタン・インド料理のお店。子飼商店街外れにあります。

豊富なカレーメニューを中心に様々な料理を味わえます。

ランチメニューは4種類。それぞれ好きなカレー、ライスかナンを選ぶ形になっています。カレーの辛さは甘口、普通、中辛、辛口、激辛から選べます。また、ナンかライスは1回おかわり可能です。

今回は、Cセットでチキンカレー、Dセットでエビカレーをチョイスしてみました。

Cセットのほうは、カレーと一緒にサラダ、チキンティッカがついてきます。

Dセットのほうには、サラダの他に、シーク カバブとタンドリーチキンがついてきます。

Cセットのチキンカレー。ナンをチョイスしました。

ナンは焼きたてモチモチで、皿からはみ出る大きさ。

カレーは様々なスパイスの香りが楽しめて、もしかしたらリンゴ?などの果物が入ってるのかもと思わせるくらい少し甘味のあるやさしい味わいでした。

Dセットのエビカレー。こちらはサフランライスをチョイスしました。エビがたっぷりで食べ応えのあるカレーです。

 

⑤ サンテリア

熊本市中央区大江にあるスパイスカレー屋さん。JR新水前寺駅そばのビルにあります。

店内いっぱいにスパイスの香りが漂います。

ランチメニューは2種類。気まぐれカレーはその日によって変わり、店内の黒板やホワイトボードに書かれています。

今回はサンテリアプレートをいただきました。

サンテリアプレートにはカレーが2種類。

どちらのカレーもおいしいですが、特に「粗びきポークとヤゲン軟骨のキーマ」は軟骨の歯ごたえと粗挽きポークの旨味が特徴的なカレーです。

甘味も強めでご飯がすすむ甘辛な味わいが口の中に広がった後にスパイスの爽やかな辛味が追いかけてくる不思議なカレーでした。

  • 住所:熊本市中央区大江6-25-4
  • 電話番号:080-8015-1265
  • 営業時間:[月]12:00~14:30 [水~日]12:00~14:30、18:00~22:00
  • 定休日:火曜日、不定休
  • 席数:10席ほど

まとめ

熊大・学園大周辺にも、スパイスカレーを味わえるお店があちらこちらにありますね。

カレーが無性に食べたくなったら、今回の記事を参考に行ってみてください!

満足すること間違いなしです。

また、スパイスカレーは使っている香辛料や具材で、味などが変わってきます。

今回紹介したお店も、日ごと、月ごとにメニューが変わったり、豊富なメニューを取り揃えていたり、様々に工夫されています。

スパイスカレーの奥深さを感じるために、一度だけでなく、何度も足を運んでみるのもいいですよ!

 

併せて読みたい関連記事


0 0 votes
Article Rating
The following two tabs change content below.

Borderline-N

6年前に奈良から熊本へ移住。「熊本は場所も人もご飯もポテンシャル高いのにまだまだ全国に知られていない!」と感じ、よそ者目線で情報発信をするように。若者ではありませんが、よそ者・馬鹿者の感覚で熊本の素晴らしいところを全国に発信していきたいです。
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

関連記事

\ ログインしてコメントする /

\ 新着記事一覧 /

\ 編集部ピックアップ記事 /

0
あなたの意見をコメントに残そう!x
()
x