1. HOME
  2. ブログ
  3. ビギナーがスケボー専門店を取材してみたら?意外と気さくだった!|熊本市のショップ「OLLI」

ビギナーがスケボー専門店を取材してみたら?意外と気さくだった!|熊本市のショップ「OLLI」

今回初めての投稿になるこーすけです。よろしくお願いします!

始めての執筆で始めての取材だったのでとても緊張しながら向かいました(笑)

今回取材させていただいたOLLIは新市街、サクラマチくまもと近辺(通称:シャワー通り)にあるスケートボードショップ。

熊本市中央区新市街12-12
営業時間:12:00~20:00 ※時短営業中 CLOSE 19:00
定休日:木曜日
電話: 096-288-0700
Web:https://ollikumamoto.com/

実は僕もビギナースケーター。

僕は高校3年の休校期間にスケボーを始めました。

受験期に入り忙しくなり、一回やめたので
スケーター歴は5ヶ月ぐらい。

僕もビギナーであるので、OLLIのような専門店に行くのはの経験でした。

正直、始めたばかりだとなかなか友達もいないので、スケボーパークもそうですが、なかなか行きづらいですよね。

僕もそのひとり。前々からOLLIさんの存在は知っていたのですが、なかなか勇気が出ず、今回初めて専門店に取材という形で行くことができました。

店長の奥脇さん

奥脇さんは、熊本市の観光ビデオにも出演している熊本ではかなり知名度のある

最初は緊張しましたが、初対面でも、とても気さくな方で話をしているうちにリラックスできて、取材を楽しく進めることができました。

 

OLLIについて

店内はとてもいい雰囲気で、Tシャツやキャップなどのアパレル用品から、スケートボードのデッキ(スケボー用の板)、専用の靴、パーツなど、しっかりそろえてあります。

Tシャツの価格帯は、ブランドによりますが、5000円くらいのリーズナブルなものから大学生にはちょっと手の出せないようなものまで。

デッキの相場は1万円前後、

スケボーシューズは11,000円~(SALEシューズも有 4,000円~)、

学生の財布には結構大きい出費ですね(笑)

デッキの写真。個性的なものやカラフルなものが多く見てて楽しいです。

スケートボードシューズ。スケボーには欠かせない大事なツール。

トラックやウィールなどの細かい部品。かっこいいですね。

アパレル用品。帽子もかわいいものが多くて欲しかった(笑)

正直、初心者にとっては難しいスケート用品についても、詳しく、わかりやすく説明してくれて本当に行きやすい雰囲気だと感じました。

 

スケボーを始めた頃の苦悩

自分が最初にスケボーを始めたときは、右も左もわからず、インターネットでコンプリートといって、全ての部品が組み立てられている状態のものを安く買って始めました。

しかし、当時はタイヤの種類さえも、理解していなかったので、間違って購入してしまった苦い経験があります。

今になって思えば、OLLIのような専門店に行って、初期投資は少しかかっても一緒に選んでもらうべきだったと後悔しています。

スケボーの道具は、ある程度高いものつまり信頼性のあるものを使う必要があるので、

安く買おうとして無駄な出費をするよりも、最初にお金をかけてしっかり楽しむ方がいいと思います。

 

熊本のスケボーショップは入りやすい???

当日は女性のスケーターの方も来店されていました。

熊本が地元で、広島のスケーターの方だったのですが、広島に比べると、熊本のショップは断然入りやすい、と話されていました。

スケボーショップと聞くと、ビギナーにとっては少し敷居が高くて入りづらいイメージがある人が多いと思います。

自分もそうでした。しかし、実際行ってみた感じは、普通のおしゃれな洋服店のようで入りやすく感じました。

店の立地自体も開けたところなので、女性の方も安心して入れます。

お店に行けば、新たな出会いがあるかも!

 

奥脇さんとのお話

このビデオは、実際に奥脇さんが出演しているもの。

この出演は、ある雑誌がきっかけだったそうです。

奥脇さん:以前、店に来てくれてた子が、俺のスケボーしている写真をいつか撮りたいって言ってくれてて、1年後にある雑誌のカメラマンとして来てくれたんですね。その時は雑誌に載せる用のモデルカットや店内の写真をたくさん撮ってくれたんだけど、その子が気合いを入れてくれた結果、ダントツでとてもいい写真が撮れたらしくて(笑)
是非雑誌の表紙に起用させてくださいってことになったんだよね(笑)
それが目に止まって、ビデオ出演が決まって
これがなかったら
観光ビデオもなかったよね(笑)

このことからもねスケボーは、
スケーターはもちろん、
スケーターが滑る様子を撮るカメラマン、
デッキなどのデザインをするアーティスト、
動画で使う音楽を作るミュージシャンなど様々なジャンルの人たちとのつながりができるところがとてもいいところだと思うね。

この観光ビデオは、海外向けに作られたもので、かなり視聴されているらしく、このことからもスケートボードの影響が海外に対して大きいことがはっきりとわかりますね。

奥脇さん:オリンピックの影響もあってか、最近大学のサークルでもスケードボードを始める人たちが来ていて、
そこに講師という形で参加する予定だったんだけど、コロナの関係でいけなくなっちゃったんだよね(笑)
でも、オリンピックの流れにうまく乗って、
いろんな人たちにOLLIに来てほしいんだよね!
本来なら、イベント好きだから、自分がイベントを企画して、そこでスケーター同士の繋がりを作ると、すぐ仲良くなれるんだけどね。
飲食店でも、誰かと話しながら飲食をすることはできない中で、
この場所を人とのつながりをFACETOFACEで感じられるような交流の場にできればいいなって考えているかな。
あんまり人集まっちゃうと問題になるけど(笑)

まとめ

オリンピックで、日本勢がメダルラッシュを起し、コロナ禍という状況下でなかなか誰かと遊ぶことができない中で、スケーターは今急激に増えています。

もしかしたら、この記事を見ている人も、心のどこかでやってみたいと思いつつもハードルの高さから、躊躇しているかもしれません。

これから、スケードボードを始めたい、何を買えばいいかわからないなどなどいろんな悩みがあると思います。

そんな時に、OLLIさんは気軽に相談にのってくれるような雰囲気のお店なので、是非いってみてください!

 

併せて読みたい関連記事

0 0 votes
Article Rating
The following two tabs change content below.

こーすけ

熊本大学土木建築学科1年 スケートボード、パルクールなどのストリートスポーツ、アート、音楽などクリエイティブに興味あり。 世界中をプレイグラウンドにしたい。
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

関連記事

\ ログインしてコメントする /

\ 新着記事一覧 /

\ 編集部ピックアップ記事 /

0
あなたの意見をコメントに残そう!x
()
x