1. HOME
  2. ブログ
  3. 「将来は薬局、病院」だけじゃない?!Border Lineで学生ライターをする薬学生の思い

「将来は薬局、病院」だけじゃない?!Border Lineで学生ライターをする薬学生の思い

はじめまして。学生ライターのyukaといいます。

このたびBorder Lineで記事を執筆することになりました。

現在私は関西の薬学部に通う5回生です。
5回生!?とも思われる方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、実は薬学部は6年制なんです。
卒業できなかったわけではないですよ。笑

この記事では簡単に私の自己紹介と薬学部生の1日についてご紹介します。

住んでいるところ

私は現在兵庫県に住んでいる薬学部5回生です。

もともと兵庫県に住んでいたわけではなく、大学の入学を機に兵庫県に住み始めました。

 

趣味

趣味は旅行で、特に海外旅行が好きです。中学生の時に短期留学でオーストラリアに行ってから異文化に触れること、語学が大好きになり、そこから海外旅行の大ファンになりました。

大学生になってからはベトナム、韓国に行きました。
日本国内も旅行することが多いので、旅行関連の記事もいつか書けたらなーと思っています。

休みの日はよく付近の京都や大阪に電車で遊びに行きます。
今は薬学部に必須の実務実習(薬局に2.5か月、病院に2.5か月の長期実習)のせいであんまり行けていないのですが……。

テニスは中学生の時に部活に入っていたこともあり、大学生になってから再び始めました。

 

アルバイト

アルバイト歴は塾講師、ホテルのレストランのホール係、アパレル店員、飲食販売員です。
その他にも住宅展示場の受付や講演会の受付もしていたことがあります。

思い切っていろんな職を体験できるのも学生の特権。やりたいと思ったことはすぐにという性分です。

 

生活サイクル(薬局実習中)

6時30分   起床

7時30分   家を出る

9時から17時 薬局実習

18時30分    帰宅

19時      夕食

20時以降    日誌の記入、調べもの

24時      就寝

……とまあこんな感じです。
薬学部の実習って大変なんです。

現在もまん延防止措置や緊急事態宣言が出ていますが、今年はまだマシな方です。
去年、緊急事態宣言が出た時は実習がストップし、1年後の今実習をしている先輩もいるのだとか……。

 

ライターになろうと思ったきっかけ

現在、私は医療ライターという職を希望し活動しています。

医療ライターって何?と思われる方もたくさんいると思いますので、簡単に説明します。

医療ライターが扱うテーマは執筆者により様々です。病気や薬も含め、幅広い範囲の医療をテーマに記事や文章を作成します。

医療ライターは薬剤師の資格が必須でないことも少なくありません。
ですが、医療職の資格を持っていると仕事を受けやすくなったり、専門的な記事の構成が考えやすくなったりとメリットがあります。

私は小学生のころから文章を読んだり書いたりすることが好きでした。
大学1回生の時に医療ライターという職を知り、それ以来文章を扱うような仕事ができたらいいなと思い現在にいたります。

読まれた方の中には医療ライターになりたいなら病気や薬のことについて書くんじゃないの?と感じた方もいらっしゃることかと思います。

しかし、私は薬剤師の卵ですが、薬剤師ではありません。あくまで薬学部の学生です。
専門的な記事を書くお仕事を貰えないわけではありませんが、なかなか難しい。

そこで、今私は薬学生なんだから、学生の視点から書ける記事もあるんじゃないか、それだったら今は学生という立場をフルに利用して学生ライターとして活動してみようと思い立ったのです。

 

薬剤師の就職先は薬局や病院だけ?

世間的には、薬剤師=薬局や病院にいる人というイメージを持つ人が大半ではないでしょうか。

実際にその進路を選ぶ人が大半であり、需要があることは間違いないと思います。

しかし薬剤師の資格の活かし方は通りいっぺんとうではありません。

私自身、薬剤師にならないわけではありませんが、この資格を生かしてライターの活動をするつもりでいます。

今後、時代はさらに多様化の一途をたどることが予想されます。
薬学部に進学、その先は必ず白衣に身を包んだ薬剤師にはならなくてもよいのではないでしょうか。

 

どんな記事を書いていくの?

旅行関連の記事や学生生活のこと、特に薬学部に関連した記事を書いていこうと思います

高校生の方も閲覧されるとお聞きしていますので、大学受験のことや進路選びのことも書けたらな~と思っています。

ご意見や書いてほしい記事などがあれば、コメント欄やtwitterでも構いませんのでぜひお知らせください!!

 

最後に

ここまで読んでくださった皆さん本当にありがとうございました。
ふーん、変わった人がいるなあとか、また記事が出たら読んでみるか、と思っていただければ幸いです。

もし私の書いたもので、何かのきっかけになったり考える一つの材料となればうれしいです。

 

併せて読みたい関連記事



0 0 votes
Article Rating
The following two tabs change content below.
関西在住の学生ライター。とある大学の薬学生。文章を読んだり書いたりするのが好き。
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

関連記事

\ ログインしてコメントする /

\ 新着記事一覧 /

\ 編集部ピックアップ記事 /

0
あなたの意見をコメントに残そう!x
()
x