1. HOME
  2. ブログ
  3. 【 内定もらったけど本当にこの会社で大丈夫!? 】 ウィズコロナ時代のキャリア術 ~キャリコンからの就活指南~

【 内定もらったけど本当にこの会社で大丈夫!? 】 ウィズコロナ時代のキャリア術 ~キャリコンからの就活指南~

こんにちは。キャリアコンサルタント石松衣美です。夏休みいかがおすごしですか。

ウィズコロナの夏休み。「手洗い、うがい、3密を避ける」。感染予防対策をしながら、楽しみを見つけて有意義な時間を過ごしてくださいね。社会人になったら、こんなに長い休みはないですから。(笑)

さて今回は、10月内定式前のこの時期に出てくる就活生の悩み「内定もらったけど本当にこの会社で大丈夫!?」。これについて書きたいと思います。

2021年3月卒業予定の大卒求人倍率は1.53倍(※)。売り手市場と言っても、第一志望企業の内定を獲得できた学生は少ないでしょう。当初考えていなかった企業から内定をもらった人もいるはずです。

思いがけずもらった内定に「やった!就活終わり!」とその時は喜んだけど、今になって本当にいいのか心配になってきた。そんな方へ。役に立つキャリア理論をご紹介します。

【成功者の8割が経験している偶然の出来事】
「プランドハプンスタンスセオリー(Planned Happenstance Theory 計画された偶発性理論)」。スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授が提唱した考え方です。

クランボルツ教授は、ビジネスパーソンを対象にキャリア形成について調査を行いました。

その結果、成功した人の8割が「自分のキャリアは予期せぬ偶然の出来事によるところが大きい」と答えたというのです。つまり、偶然の出来事でキャリアを積み重ねてきたところ、成功に繋がったというわけです。

この事実から、
個人のキャリアは、予期せぬ偶然の出来事によって決定される。

ならば、偶然の出来事を主体的に最大限に活用しよう。

好奇心、持続性、楽観性、柔軟性、リスクテーキングを持って、キャリアを築いていこう。

というのが、プランドハプンスタンスセオリーです。

【キャリア理論に当てはめて考える】
さあ、ここからが本題です。

もしあなたが、第一志望とは違う会社から、あるいは、予想もしなかった会社から内定をもらい、「この会社で本当に大丈夫だろうか…」と悩んでいるのなら、このプランドハプンスタンスセオリーに当てはめて考えてみてください。

内定獲得という偶然の出来事が、あなたに起きました。その会社はあなたを必要としているから内定を出したのです。あなたのことを評価してくれています。

これは、またとないチャンス! 偶然の出来事を存分に活用しよう。内定を受け入れ、この会社でどう働くか。自分の強みを生かすにはどうしたらよいか。チャンスを活用する方法を考えよう。

このように考えてみてはいかがでしょう。

新型コロナウィルスの影響で、いつも以上に先行きがわからない現状では、不確かな未来を心配するより、「内定獲得」という確かな事実をうまく活用することを考える。そのほうがポジティブに前に進めます。

内定をもらった会社に入社し、社会人の基礎を学ぶ期間と考え、経験とスキルをしっかり身につける。何年後かに、転職することを視野に入れておくのもいいでしょう。

これからは、一つの会社で定年まで働き続ける人は少なくなります。転職しながら、自分のキャリアを充実させていくのが令和のスタンダードです。

【何が起きるかわからない人生をどう生きるか】
さらに、このプランドハプンスタンスセオリーは、ウィズコロナのキャリア術として最適だと、私は考えています。

何が起きるかわからない毎日。大学を卒業するまでにも、社会に出てからも、予期せぬことは起こるでしょう。

その時、あたふたして自分を見失うのではなく、偶然の出来事チャンスと捉え、それを生かすことを考える。

人生に、変化や偶然はつきもの。何かある度に、それを受け入れ、修正しながらキャリアを築いていけば、会社に頼らず、自分の足でしっかりと人生を歩んでいくことができます。

社会人になってからも使える考え方です。ぜひ覚えておいてくださいね!

念のため付け加えると、今回の記事は「内定を辞退してはいけない」という意味で書いたわけではないですよ。

何度も言いますが、内定は、企業のあなたへの評価です。悩みをポジティブに解決する、一つの方法として紹介しました。

【内定を辞退するときは】
もし、「内定辞退」の意思が固まっているなら、1日でも早く企業の人事担当者に連絡してください。内定承諾書を提出していても、法的な拘束力はありません。あなたの決断を誠実に話しましょう。

内定辞退の方法がわからない方は、大学のキャリアセンターに相談してください。

「内定辞退するなんて!」と頭ごなしに怒る人はいないと思いますが(時折、上から目線の人がいる、と耳にします。笑)、

あなたの話を丁寧に聞いてくれそうな方を見極めて相談してみてください。

どうか納得のいく決断ができますように!応援しています!

【まとめ】
○「この会社で本当に大丈夫!?」と心配になったら、プランドハプンスタンスセオリーに当てはめて考えてみよう!

○個人のキャリアは偶然の出来事で決定される。ならば、その偶然を受け入れ、最大限に生かそう!

○プランドハプンスタンスセオリーは、ウィズコロナの最適なキャリア術。この考え方を使って、自らキャリアを切り拓いていこう!

※リクルートワークス研究所「第37回ワークス大卒求人倍率調査(2021年卒)
【参考文献】村山昇『働き方の哲学』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

 

石松衣美ブログ
「働き女子の自分らしく生きるキャリア術」はこちら>>

1 1 vote
Article Rating
The following two tabs change content below.
キャリアコンサルタント 石松衣美
大学職員として20年勤務。学生サポートや人事採用に携わる。キャリアコンサルタント資格取得をきっかけに自分を見つめなおし組織にとらわれずやりたいことをやると退職。現在、「自分らしく生きる」をモットーにフリーランスで活動。大学や転職支援会社で学生から社会人まで幅広い世代の就活・転職支援を行っている。その傍ら、働く女性向けキャリアお役立ち情報をブログで発信中。
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

関連記事

\ ログインしてコメントする /

\ 新着記事一覧 /

\ 編集部ピックアップ記事 /