1. HOME
  2. ブログ
  3. 熊本・ハイデルベルク青少年オンラインイノベーションミートアップ2021|参加レポート

熊本・ハイデルベルク青少年オンラインイノベーションミートアップ2021|参加レポート

こんにちは!
現在大学院の2年生で、建築を専攻しているhanaです。

今回は、私が参加した「熊本・ハイデルベルク青少年オンラインイノベーションミートアップ2021 /Kumamoto Heidelberg Youths Online Innovation Meetup 2021」というイベントについて紹介したいと思います。

英語力に自信がないながらも、コロナ禍で国際交流ができる機会は貴重だなと思い参加しました。

その中で、ハイデルベルクの方との交流だけでなく、熊本からの参加者同士の交流からもたくさんの刺激をもらいました。
個性豊かなメンバーで、みんながイベントを通してどのように感じたのかも紹介したいと思い、交流会参加者へのアンケートも記事の最後に紹介しています。

国際交流に関心のある人や、人とのコミュニケーションを通してアイデアを考えることが好き、という人に読んでもらいたい記事です!
また、読んだ人がなにか行動を起こしたくなるような刺激になれば、と思います!

 

イベント概要

熊本市の友好都市であるドイツ・ハイデルベルク市との交流を通じて、両市の青少年交流団員をイノベーション創発人材として育成することを目的に実施されました。

ミートアップとして、熊本市青少年交流団員とハイデルベルク市青少年交流団員が両国の商品やサービス同士を新結合させることでイノベーションを創発するアイデアについて議論を通して交流が行われました。

ミートアップイベントは全4回開催され、熊本からは計14名の高校生や大学生が参加しました。

 

各回の活動の様子

 第1回 10月24日(日)

ミーティング最後の記念撮影の様子

熊本の青少年団員によるキックオフミーティングを実施。熊本からの参加者同士、自己紹介を行いました。

 第2回 11月7日(日)

オンラインでの交流の様子

ハイデルベルク市青少年問題連絡協議会のシュテフェン・ヴェルナー事務局長とオンラインで交流を行い、熊本市団員同士で「ハイデルベルクに送るモノ」について話し合いました。
各自が考えてきた、ハイデルベルクに送りたいものについてシュテフェンさんに伝えたり、ハイデルベルクについての質問をしたりしながら交流を行いました。

 第3回 12月5日(日)

4人のハイデルベルク市団員が参加して意見交換する様子

コロナの影響でドイツでの青少年活動が禁止されていたこともあり、この日がハイデルベルク青少年団員との初めての顔合わせ。
ハイデルベルク市青少年問題連絡協議会ヴェルナー事務局長のほか、ハイデルベルク青少年団員4 名に対して熊本市団員が自ら選んだ「熊本から送るモノ」について説明を行いました。

 第4回 3月13日(日)

記念撮影の様子。平和への祈りを込めて、参加者全員で鶴を折りました

ハイデルベルク市青少年問題連絡協議会ヴェルナー事務局長ほか3 名と今後の交流活動について議論を交わしました。

 

参加者の感想

 1.活動に参加しようと思った理由

複数回答として、すべて当てはまる!という人もいました。
参加しながら、みんなの英語力の高さに感心しっぱなしだったのですが、幅広く色々なことに関心を持って参加した人が多くいることがわかりました。

 2.これまでの活動で楽しかったことや、面白かったこと

ハイデルベルクの方とはオンラインのみでの交流だったこともあり、英語でのコミュニケーション以上に、熊本からの参加者同士の交流の満足度が高めです。

 3.普段の取り組みについて

特になし、という回答は0でした...!
普段から国際交流活動やボランティアに参加している人、部活やサークルの活動に熱中している人、趣味でゲーム制作を行っているという人まで、個性豊かなメンバーが集まっていました。

 4.これからの活動へのわくわく度

わくわく度は、全員“3”以上、と高めです。
最後に一言、として感想を聞くと、「現地に行って直接交流したい」「ドイツの人と文通をしたい」というやりたいことに関する声や、「そろそろ方向性を出したい」という活動への課題も聞こえてきました。どちらも、これから活動を継続していくことを見据えての感想だなと感じました。

 

これからの活動

全4回の交流会で、ミートアップとしての活動は一区切りつきました。しかし、ここで活動を終わらせるのではなく、2022 年度に両市友好都市盟約締結30 周年記念を迎えることから,本事業を今後も活動を活発に継続していくため、活動コミュニティ「F.I.Y.(Fostering Innovation with Youths)」を結成しました。

4月23日にも、ミーティングが行われ、活動の内容や目的、などのコミュニティとしてのヴィジョンについて話し合いを行いました。これから活動が進んでいったときに、また、この場を借りてお知らせができたらな!と思います。

*活動に興味を持ってくれた方、参加したいと思った方へ!
ホームページはこちら>>
お問合せはこちら
メールアドレス:fiykumamoto@gmail.com

その模様をYOUTUBEでCHECK!

 

併せて読みたい関連記事




0 0 votes
Article Rating
The following two tabs change content below.

hana

旅行に行けるようになったら、1番に行きたいのはオーストラリア!な、理系学部M1の学生です。休みの日はついつい寝すぎてしまうのが、最近の反省です。笑
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

関連記事

\ ログインしてコメントする /

\ 新着記事一覧 /

\ 編集部ピックアップ記事 /

0
あなたの意見をコメントに残そう!x