1. HOME
  2. ブログ
  3. 【就活情報収集に役立つおすすめサイト 5選】何社エントリーする?企業選びは?~就活指南~

【就活情報収集に役立つおすすめサイト 5選】何社エントリーする?企業選びは?~就活指南~

こんにちは。キャリアコンサルタント石松衣美です!

就活では情報収集が欠かせませんね。皆さんはどのようにしていますか?

そこで今回は、私がおススメする就活に役立つサイトをご紹介したいと思います!

 

就活に役立つおすすめサイト 5選

他の学生の就活状況や企業の採用動向がわかるサイト
マイナビ新卒採用サポネット
●株式会社ディスコ調査データ

自己分析を仕事選びに繋げる職種研究に役立つサイト
●職業情報提供サイト(日本版O-NET)(厚生労働省)

市場規模やトレンドがわかる業界研究に役立つサイト
●市場規模マップ

従業員を大切にしている会社がわかる企業ランキング
働きがいのある会社ランキング(Good Place to Work®)

 

【他の学生の就活状況や企業の採用動向がわかるサイト】
最初に紹介するのは、就活ナビサイト運営会社が実施している調査データです。

マイナビ新卒採用サポネット
株式会社ディスコ調査データ

なぜ、これを紹介するかと言うと、就職相談で「インターンシップは何社参加したらいいですか?」「皆、どのくらいエントリーしてるんですか?」と学生さんからよく聞かれるからです。

活動の目安や他の学生の状況は気になりますよね。そんな時、私が参考にしているのがこちらの調査データです。

また、この中には企業の採用担当者を対象にした調査もあります。今後の採用の見通しや、採用面接のオンライン化への対応など企業側の動向も知ることができるのが良い点です。

分からないことがあれば、学校のキャリアセンターやキャリアコンサルタントに何でも質問してもらっていいのですが、

「ちょっと聞きたい」という時に、こういった調査データがあることを知っておくと、自分で調べることができて便利です。

 

【自己分析を仕事選びに繋げる職種研究に役立つサイト】
職業情報提供サイト(日本版O-NET)(厚生労働省)
こちらは、様々な職業の仕事内容を見える化したサイトです。必要なスキルや知識、職種特有の労働環境もわかります。

このサイトをおすすめする理由は、①自己分析と仕事理解を繋げることができる、②仕事内容を具体的にイメージできるからです。

私が就活で最も大事だと考えているのが、自己分析と仕事理解。それは、「こんなはずじゃなかった…」という入社後のギャップをなくすためです。

「自分は何が得意で、どんな時にそれが発揮できるのか」「やりたいことは何か」と自己分析できたら、それを仕事に繋げて考える。

「この仕事なら得意なことが活かせそう」「やりたいことができそう」とイメージしていく。それができるのがこのサイトです。

①は、自分の強みであるスキルや知識から、それが活かせる職業を検索できます。

例えば、勉強とアルバイトの両立に頑張った「時間管理」が得意な人は、「時間管理」というスキルから、それに合った職業を検索できます。

②は、「タスク(職業に含まれるこまかな仕事)」という項目で確認できます。

例えば、「Webデザイナーは、Webサイトの企画・デザイン・制作が仕事です」と言われても、具体的にどんなことをやっているのか、イメージするのは難しいですよね。

そこで、Webデザイナーの「タスク」を見てみると、以下のように書かれています。

 「サイトのコンセプト(方向性)を決める。
  作成した仮案を依頼主に見せ、了承を得る。
  画面のレイアウトや素材(写真、イラスト、アイコン、ロゴ等)を作成・加工する」
 「職業情報提供サイト」から一部抜粋

これを読むと、Webデザイナーはずっとパソコンに向かって仕事をしているわけではなく、お客様との打ち合わせもあり、コミュニケーション力も必要なことがわかります。

ちなみに、抜き出したのは一部で、Webデザイナーのタスクは16個も載っています!

入社後のギャップをなくすために、職種研究もしっかりやってくださいね。

 

【市場規模やトレンドがわかる業界研究に役立つサイト】
市場規模マップ
様々な業界の市場規模がマップで表現されていて、業界の規模やトレンドがわかります。

見たことがない方は、ぜひ一度ご覧になってください!就活に関係なく見ても面白い内容です。

例えば、日本で一番大きな市場規模を誇るのは自動車産業。これは誰でもわかりますが、

このマップには、「ECサイト構築」「家事代行サービス」といった今どきの仕事から、「野菜ミックスジュース」「恵方巻の寿司」といった身近な商品のデータも掲載されています。

「業界研究なんて面倒くさい…」という方も、これならきっと楽しみながら調べることができます!

ただし、注意しないといけないのは、コロナの影響がどう出るか。

現在の市場規模がそのまま続かない業界もあります。コロナ禍の現状と今後の見通しについては、企業説明会などで質問して情報収集してくださいね。

 

【従業員を大切にしている会社がわかる企業ランキング】
「さあ、今日も仕事頑張るぞ!」と毎日元気に出勤できるか。そのためには、従業員の満足度が高い会社を選びたいものです。

働きがいのある会社ランキング(Good Place to Work®)

世界約60か国で従業員意識調査を実施し、その調査結果をもとに「働きがいのある会社」をランキングで発表しています。

世界共通の基準で働きがいを点数化し認定されており、アメリカでは、このランキングに入ることが一流企業の証と言われているそうです。

2020年版日本における「働きがいのある会社ランキング」に名前が挙がっている企業は155社。日本でもこちらに認定される企業が増えるといいですね!

以上、就活に役立つおすすめサイト5つをご紹介しました!

全てを調べるのは大変ですから、まずは興味のある項目から。そして、一人で調べるのは難しいと思ったら、ぜひ友達と協力してやってください!

情報交換だけでなく、感想をシェアすることも忘れずに!自分が「いいな」と思った点が、友達はそうではなかったり。価値観の違いが分かって自己分析も深まります。

就活生の皆さん、応援しています!

 

石松衣美ブログ
「自分らしい働き方生き方を叶えるためのヒント」はこちら>>

 

併せて読みたい関連記事

✤就活を始める前に読んでおきたい✤
「【なぜ働くのか?】キャリア・就職活動を考える ~就活指南~

✤女子学生はこちらも✤
「『女性が長く働ける会社か』見極めるには? 働く先輩女性が語る現実 ~就活指南~

0 0 votes
Article Rating
The following two tabs change content below.
大学職員として20年勤務。学生サポートや人事採用に携わる。キャリアコンサルタント資格取得をきっかけに自分を見つめなおし組織にとらわれずやりたいことをやると退職。現在、「自分らしく生きる」をモットーにフリーランスで活動。大学や転職支援会社で学生から社会人まで幅広い世代の就活・転職支援を行っている。その傍ら、働く女性向けキャリアお役立ち情報をブログで発信中。
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

関連記事

\ ログインしてコメントする /

\ 新着記事一覧 /

\ 編集部ピックアップ記事 /

0
あなたの意見をコメントに残そう!x
()
x