1. HOME
  2. ブログ
  3. 予定通りにいかない就活の難しさ。自分のペースで進んでいこう~就活指南~

予定通りにいかない就活の難しさ。自分のペースで進んでいこう~就活指南~

こんにちは。キャリアコンサルタント石松衣美です!

エントリーから1か月。早くも内々定の報告が届くようになりました。一方で「友達が内々定をもらったと聞いて焦っている」という人もいます。

自分と友達を比べて心配になるのはわかりますが、就活の進み具合は人それぞれ。人と比べず、自分のペースで進めてほしいと思います。

そんなことを考えていたら、ふと思ったのです。就活は、いつに照準を合わせるか難しいなと。

例えば、アスリートは試合に向けコンディションを調整します。試合当日がピークとなるよう練習メニューを組み立て、体調を管理していきます。

が、就活はそれができない。目標、つまり、第一志望の企業が最初から決まっている人は少ないです。

インターンシップや説明会に参加し、情報収集しながら志望業界や志望企業が定まっていきます。

インターンシップに参加した企業から早期選考の声がかかれば、準備もままならずエントリーシートを作成し面接を受ける。

さらに、3月エントリー後も、企業毎に違う書類締切、面接に向け本選考の準備を進める。

こうして考えると、最終目標がいつか、いつに照準を合わせて準備を進めたらよいのか、わからないですね。

準備が整わないまま選考が進んでいくこともあるでしょう。「もっと早く準備しておけばよかった」と後悔してもやり直しはききません。

就活は先の見通しが立てづらい。とても難しいことなのだとあらためて思いました。

しかし、逆にこう考えることもできると思ったのです。

企業の選考スケジュールに照準を合わせるのではない。自己分析、企業研究が十分に整ったとき。それが自分にとって一番良いタイミング。

つまり、自分のことをありのままに語れるようになったとき、そんな時に出会う企業こそ「ご縁がある会社」なのかもしれないと。

就活準備に取りかかる時期も違えば、コンディションが整うタイミングも違います。結果の早い遅いに惑わされず、どうぞ自分を信じて一歩ずつ進んでいってくださいね。

就活生の皆さん、応援しています!

 

石松衣美ブログ
「自分らしい働き方生き方を叶えるためのヒント」はこちら>>

 

併せて読みたい関連記事



0 0 votes
Article Rating
The following two tabs change content below.
大学職員として20年勤務。学生サポートや人事採用に携わる。キャリアコンサルタント資格取得をきっかけに自分を見つめなおし組織にとらわれずやりたいことをやると退職。現在、「自分らしく生きる」をモットーにフリーランスで活動。大学や転職支援会社で学生から社会人まで幅広い世代の就活・転職支援を行っている。その傍ら、キャリアお役立ち情報をブログで発信中。
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

関連記事

\ ログインしてコメントする /

\ 新着記事一覧 /

\ 編集部ピックアップ記事 /

0
あなたの意見をコメントに残そう!x
()
x